手間を減らす

介護の現場では、国保連合会へ毎月10日給付管理票や介護給付費請求書を提出する必要があります。
また、サービス事業者の場合利用者側への請求書や領収書の発行も行います。
多くの書類を発行する必要があり、作成を行うことは非常に大変な作業です。
しかし、介護保険請求ソフトを導入すると請求処理の作業を大きく軽減させることができます。
また、このような大掛かりな作業を人の手でやると、なにかしらのミスが発生することやロスが発生するということもあります。
しかし、介護保険請求ソフトを利用することにより、請求ミスも回避することができます。
誤送付や請求ミスも発生せずに一元で管理を行うことが可能です。
現在多くの現場で取り入れられており、介護の現場の事務作業を少しでも減らすために利用されています。

介護保険を国保連合会に請求する場合、伝送請求や、フロッピーやCDを利用した電子媒体、紙媒体の3つがあります。
近年よく行われている方法が伝送請求です。
介護保険請求ソフトの場合、作成したレセプトをそのまま直接伝送を行うことが可能です。
国保連合会からも、支払決定通知書や返戻通知もデータ送信されてきます。
介護保険請求ソフト内で閲覧することや、印刷を行うことが可能ですぐに対応を行うことができます。ソフト1つで全ての業務を行うことが可能です。
介護保険請求ソフトによっては、特別に伝送代行会社や伝送ソフトが別途必要なこともあるので、事前にどのように請求するのか確認を行うことが必要です。

Design by Megapx
Template by s-hoshino.com
Copyright© 2015 介護保険請求ソフトを導入してより円滑な作業を行うAll Rights Reserved.